Taste of Paris(テイスト オブ パリ)、グランパレで最高のガストロノミーを

Taste of Paris(テイスト オブ パリ)が2015年5月21日~24日まで、グランパレで初めて開催される。アラン・デュカスとジョエル・ロビュションの後援するこのイベントはパリのシェフの競演だ。どういったものだろう?それは4日間、パリの最も美しい場所に最高のシェフが集い、最高のガストロノミーを味わうこと。

2004年にロンドンで行われた le festival Taste はガストロノミーの世界的首都であるパリを免れることはできなかった。開催に際して14人のパリのシェフが要請に応え、グランパレの中で彼らの最高の料理を披露する。14の期間限定レストランでは、少量の料理やシェフたちの名を国際的に広めた有名な料理を味わうことができる。

 

Taste of Paris, le salon culinaire au Grand Palais

 Taste of Paris(テイスト オブ パリ)初回参加者リスト :

  • ジョエル・ロビュション、 レストラン  L'Atelier Etoile de Joël Robuchon (ラトリエ エトワール・ドゥ・ジョエル・ロビュション)
  • ステファニ・ル・ケレック、レストラン La Scène au Prince de Galles (ラ・セーヌ・オ・プランス・ドゥ・ガル)
  • ロマン・メデール、レストラン  Alain Ducasse au Plaza Athénée (アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ)
  • ギィ・サヴォワ、レストラン  Guy Savoy (ギィ・サヴォワ)
  • フレデリック・ヴァルドン、レストラン Le 39 V (ル・トラントヌフ・サンク)
  • フランシス・フォーヴェル、レストラン Aux Lyonnais (オ・リヨネ)
  • ピエール・サン・ボワイエ、レストラン  Pierre Sang in Oberkampf (ピエール・サン・イン・オベルカンフ)
  • ジャン=ルイ・ノミコ、レストラン  Les Tablettes de Nomicos (レ・タブレット・ドゥ・ノミコ)
  • ダヴィッド・ラスゲベール、レストラン L'Assiette (ラシエット)
  • フレデリック・シモナン、レストラン Frédéric Simonin (フレデリック・シモナン)
  • 小林圭、 レストラン Kei (ケイ)

Taste of Paris, le salon culinaire au Grand Palais

Taste of Paris(テイスト オブ パリ) はただの展示会でない。食事の時間のみに開催される。ランチは 11時30分~16時、ディナーは19時~深夜まで。ここでは素晴らしいシェフの料理を味わうのにテーブルは設置していないが (シェフのレストランに行ったほうが良いから)、あちらこちらでちょっとずつつまみ食いしながら、パリのシェフの能力を発見できる。同様に各々のシェフを代表する3~4皿を味わうことや、展示会の期間中に催される料理教室で「シェフの秘密」を知ることもできる。 

入り口では味見をしたいものに合わせて、チャージ可能なデギュスタシオンコースを選ぶ。一皿5~8クレジットでシェフの有名料理は12~15クレジットだ。

Taste of Paris(テイスト オブ パリ)のパス :

  • パス・デクヴェルト(25ユーロ) 前菜、イベントと 10クレジット
  • パス・グルメ (45ユーロ)   前菜、 イベントと 25 クレジット
  • パス・プレミアム (95ユーロ)  前菜、 レストランへの優先入店、シャンパン一杯、 50クレジット、 2015年6月30日まで有効のレストランでのアドバンテージ
  • パス・グルメデュオ (2名で80ユーロ)   2名分の前菜、 50クレジット
  • パス・オープンデュオ (2名で300ユーロ) 2名分の展示会常時入場パスと 200 クレジット

好奇心旺盛な方には最高の料理を味わえるように、8名までテーブルの予約が可能だ。 グランパレの魔法の中、一人250ユーロでシェフの最高の料理を6皿いただける。パリでの特別なひと時だ。

Taste of Paris, le salon culinaire au Grand Palais

Taste of Paris(テイスト オブ パリ)はまた、パリ最良の高級食料品店や様々なテーブルアートを発見する良い機会でもある。同様に数百もの企業が招致され、素敵なカタログを紹介している。 協賛にはエレクトロリュクス、ギ・ドゥグレンヌ、グラン・マルニエ、そしてパタ・ネグラとともに最高の生ハムを提供するベジョータ・ベジョータ。

Taste of Paris, le salon culinaire au Grand Palais

パリ市庁舎で観光、スポーツを担当するジャン=フランソワ・マルタンによれば、「72人の星付きシェフで、ガストロノミーをパリ観光の目玉にする。」結果として38パーセントの外国人観光客がガストロノミーによりパリを訪れ、リピーターとなる。このイベントがガストロノミーの首都に定着する時が来た!

役立つ情報 :
インターネットサイト: Taste of Paris

2015年5月21日~24日
場所 : グランパレ
時間 : ランチ11時30分~ 16時、ディナー 19時~24時
料金 : コースによる。25~150ユーロ - 
予約は 20153月より

 

Julie M.
Last updated on 11 Март 2019

Contests

L'organisateur offre 20x2 places pour assister au Festival Taste dans la nef du Grand Palais le dimanche 12 mai du 19h à 23h30

Answer the question and if it's right you can access the area devoted to registrations (tickets given by the organizers subjected go availability). Don't hesitate to share your interest in the comment box below.

Combien de chefs sont attendus pour l'édition 2019 du Festival Taste ?

About the contest: Contest starts on: 11/03/2019 - Contest ends on: 31/03/2019

Practical information

Opening Time
From 9 Май 2019 to 12 Май 2019

×

    Location

    3 Avenue du Général Eisenhower
    75008 Paris 8

    Access
    M° Champs-Elysées Clemenceau

    Prices
    tarif -10 ans: Free
    tarif 10-18 ans: 15 €
    tarif plein: 20 €
    tarif plein, sur place: 25 €
    tarif VIP: 70 €

    Recommended age
    For all

    Official website
    paris.tastefestivals.com

    Booking
    paris.tastefestivals.com

    More information
    Horaires : déjeuner de 11h30 à 16h, dîner de 19h à 23h30

    Comments